/

この記事は会員限定です

鉄道の持続可能性を高める方法 大塚良治氏

江戸川大学准教授(観光学)

[有料会員限定]

コロナ禍による外出自粛やテレワークの導入で鉄道の輸送人員は大きく落ち込み、従前の水準に回復するかどうかは見通せない。

日本の鉄道は大都市圏や新幹線など一部を除いて多くが不採算だ。現行の運賃水準を前提とする大量輸送のビジネスモデルを改革しない限り、北海道、四国、九州などでは主要線区ですら不採算を理由とした路線廃止が進みかねない。そこで、持続可能な鉄道網の実現に向けて私案を提案したい。

鉄道事業者の経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン