長期滞在者の往来緩和 シンガポール・ブルネイと

東南アジア
2020/9/25 13:30
保存
共有
印刷
その他

茂木敏充外相は25日の閣議後の記者会見で、シンガポール、ブルネイ両国と長期滞在者を対象にした往来の緩和で合意したと発表した。シンガポールは30日から、ブルネイは10月8日から手続きを始める。

企業の駐在員などが対象で、入国後に自宅やホテルで14日間待機することが条件となる。出張のような短期の滞在者についてはすでにシンガポールとの間で往来を再開した。ブルネイとは協議を継続する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]