/

井上万博担当相、27日に大阪訪問 吉村知事らと会談へ

井上信治万博担当相は25日の記者会見で、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)が開かれる大阪府を27日に訪れ、吉村洋文府知事、大阪市の松井一郎市長、関西経済3団体のトップらと面会すると発表した。開催地の人工島・夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)も視察する。

閣議後会見する井上万博担当相(25日、東京・千代田)

井上氏の大阪訪問は万博担当相就任後、今回が初めて。当初は19日に大阪を訪問する予定だったが、16日の衆院本会議に出席した際、新型コロナウイルスの感染が判明した自民党の高鳥修一筆頭副幹事長の隣席だったため延期。その後に濃厚接触者に当たらないと分かり、日程を再調整していた。

夢洲視察には万博の運営主体「日本国際博覧会協会」の石毛博行事務総長らが同行する予定。会見で井上氏は「今後の課題について率直に意見交換し、力強い協力関係を築きたい」と意気込みを述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン