/

地上イージス代替案を説明 安保局長、米高官と会談

訪米中の北村滋国家安全保障局長は24日、オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した。北村氏は「菅内閣でも日米同盟を強化する方針に変わりない」と伝えた。

地上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策やミサイル阻止の新方針の検討状況も説明した。

政府は地上イージスの代替案として、レーダーや発射装置を洋上で運用する案を検討している。攻撃を受ける前に相手の拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有の是非とあわせ、年内に結論を示す。

インド太平洋を巡る地域情勢や経済安全保障での日米での連携を申し合わせた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン