トランプ氏「医療費を激減」、激戦州でアピール

米大統領選
2020/9/25 9:31
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は24日、南部ノースカロライナ州で医療政策に関する集会を開き「医療費を劇的に減少させる」とアピールした。医療費が高騰する米国でヘルスケアは大統領選で争点の一つとなっており、激戦州に乗り込んで有権者に支持を直接呼びかけた。

トランプ氏は24日、激戦州のノースカロライナで医療費削減を目指す姿勢をアピールした=AP

トランプ氏は集会で「安価な医療保険を提供し、処方薬の価格を引き下げる」と述べ、同様の基本方針を盛り込んだ大統領令に署名した。野党・民主党候補のバイデン前副大統領について「前政権は巨大製薬会社に屈し、薬価の高騰を引き起こした」と攻撃した。

大統領令で既往症を持つ人が医療保険に加入する権利を保護すると明記した。トランプ政権は前政権が定めた医療保険制度改革法(オバマケア)を違憲だと提訴しているが、国民の支持を集める既往症の条項に限っては引き継ぐ姿勢をみせた。

バイデン氏は24日、ツイッターで「トランプ政権はパンデミック(感染症の大流行)のさなかに数百万人の米国人の医療保険を取り上げると主張している。トランプ氏に勝たせてはいけない」と対抗した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]