/

この記事は会員限定です

ドローン、脱・中国に挑む米国 ソフトウエアで対抗

IT Globe 小池良次(ITジャーナリスト)

[有料会員限定]

米中の覇権争いが商業ドローンでも加熱している。米国防総省の支援事業が成功し、世界最大の中国製ドローンは、急速に米国での売り上げを落としている。

SRRプログラム

2020年7月、ナショナル・インタレスト誌に国土安全保障省の内部報告として「19年、中国企業の社員がドローン(機種不明)を使って米天然ガス施設の不正情報収集をおこなった」とのリーク記事がでた。米商業ドローン業界にとって大きな衝撃が走った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2123文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン