JR東日本、聖域の終電繰り上げ 人手不足で揺らぐ安全
首都圏で30分変更

2020/9/24 23:04 (2020/9/25 7:20更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

夜間作業に使用する大型機械=JR東日本提供

夜間作業に使用する大型機械=JR東日本提供

JR東日本が来春から首都圏で終電時間を約30分繰り上げる。顧客の利便性を優先する中で踏み切れなかった国鉄以来の"聖域"だが、新型コロナウイルス下の厳しい事業環境を終電繰り上げにつなげた。

一律の終電繰り上げは1987年4月にJR東が発足して以来、初めてだ。繰り上げ対象は山手線のほか、中央線や総武線なども含まれるとみられる。

「コロナ収束後も鉄道利用は元に戻らない」。JR東の深沢祐二社長はコロナで鉄道の利用状況も根本的に変わったと見る。在宅勤務が普及し、飲食店の夜間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]