キヤノン、プロ向け4K映画用カメラ 低価格で小型に

2020/9/24 21:44
保存
共有
印刷
その他

キヤノンは24日、プロ向けの映画撮影用カメラの低価格機種を11月中旬に発売すると発表した。同社のデジタルカメラのミラーレス機と同じ規格を採用し重さを1.17キログラムと、4K映像が撮れる同社の既存機種から約1割軽くした。手持ちで使いやすくすることで、コンサートやライブ向けだけでなく、個人の映画制作やウエディングなどの撮影の需要も取り込む。

片手でも持ち運びやすくした

価格はオープンだが、販売価格は約60万円を想定する。従来の機種よりもレンズから画像センサーまでの距離を縮めた。画像処理の機能を高めたことで、顔の表情が映りにくい左右や後ろから撮影しても頭部を認識でき、自動でその部分に焦点をあわせやすい。キヤノンは動画機能を高めたデジカメと併せて、高価格帯が多い映像用カメラの裾野を広げたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]