/

この記事は会員限定です

万博、福岡伸一氏 「進化と環境『生命の塔』で体験」

万博×コロナ×未来 プロデューサーに聞く(3)

[有料会員限定]

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。生物学者として「いのち」について深く考えてきた福岡伸一・青山学院大学教授(60)に万博プロデューサーとして目指すものや、新型コロナウイルスが提起した問題などについて聞いた。

――万博のロゴマークが「細胞」を意識した赤い球体をつなげた非対称なデザインに決まりました。

「1970年の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5029文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン