/

この記事は会員限定です

優待廃止でも堅調な銘柄も 株価の明暗分ける要因は

[有料会員限定]

コロナ禍に伴う業績悪化や、配当による株主還元を重視する機関投資家からの圧力を背景に、株主優待の廃止・縮小が相次いでいる。2020年度の優待廃止件数(休止含む)は33社(9月23日時点)。すでに19年度(51社)の約3分の2の水準に達した。優待が個人投資家の株式保有動機になっているケースは多く、優待廃止は株価急落を引き起こすケースがほとんどだったが、今年度は優待廃止を発表した後に株価が上昇する銘柄が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン