ベーシックインカム、韓国で高まる導入論
京畿道知事「福祉と経済、双方に有効」

朝鮮半島
2020/9/24 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナの影響で消費不振は深刻だ(閑散とするソウルの繁華街・明洞)

新型コロナの影響で消費不振は深刻だ(閑散とするソウルの繁華街・明洞)

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国でベーシックインカム(最低所得保障、BI)の導入論が高まっている。所得格差の拡大が社会問題になっているのに加え、韓国政府が新型コロナウイルス対策として全国民に支援金を支給したことが、生活保障のあり方についての議論を活発化させる呼び水となっている。

BI導入論の火付け役は李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事だ。まずは1人当たり年間50万ウォン(約4万5000円)から支給を始め、段階的に金額を増やして長期的には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]