/

この記事は会員限定です

「食は時代と共に、人工肉も」日本ハム畑社長が描く未来

Disruption@関西

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は食肉を取り巻く環境を一変させた。家庭での巣ごもり需要はあるが業務用は苦戦。畜産業では担い手不足にも直面する。健康志向の高まりや動物保護の観点からベジタリアン(菜食主義者)が増え、人工肉への関心が急速に高まる。食のディスラプション(創造的破壊)にどう向き合うのか。世界で10指に入る食肉大手、日本ハムの畑佳秀社長に聞いた。

「たんぱく質メーカー」へ深化

――人工肉はどこまで広がる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン