/

この記事は会員限定です

茨城のキャンプ普及へ連携 5施設でスタンプラリー

[有料会員限定]

茨城のキャンプ場人気を盛り上げようと、県内5施設が連携して26日にスタンプラリー企画を始める。同県は山や海、川や湖に恵まれ、全国最多級のキャンプ場を有する。「3密」を回避しやすいレジャーとして秋冬を含めた需要を喚起する。期間は12月31日まで。

メンバーは大洗町の「大洗サンビーチキャンプ場」、神栖市の「日川浜オートキャンプ場」、ひたちなか市の「イバフォルニア・ビーチキャンピングプレイス」、つくば市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン