/

この記事は会員限定です

遺贈、思い託し社会貢献 希望の団体へ遺言で意思表示

[有料会員限定]

世話になった人や応援したい団体に財産を渡す「遺贈」への関心が高まっている。相続人がいなかったり、いても疎遠だったりする人が増加する一方で、有意義に財産を残したいと考える高齢者も増えているからだ。遺贈の基本的な仕組みや注意点などについてまとめた。

「おひとり様」多く

「財産を社会の役に立てたい」「付き合いのない相続人に財産を渡したくない」――。遺贈はこうした人の思いをかなえる仕組みだ。生前に遺言を書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン