最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,261.98 -156.53
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,240 -180

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

リゾートトラスト 伏見 有貴社長

2020年10月28日

景気判断「持ち直し」 財務省、全地域で引き上げ [映像あり]

大塚家具の大塚久美子社長が辞任へ 経営責任を明確化

2020年10月28日

[PR]

業績ニュース

西武、今期の最終赤字630億円 資本増強や資産売却検討

2020/9/24 20:05
保存
共有
印刷
その他

西武ホールディングス(HD)は24日、2021年3月期の連結最終損益が630億円の赤字(前期は46億円の黒字)になりそうだと発表した。過去最大の赤字で無配に転落する。新型コロナウイルスの流行でホテルや鉄道の利用客が減少。影響が長期にわたる見通しのため、資本調達や資産売却を検討する。

売上高は前期比40%減の3320億円とみている。とりわけホテル・レジャー事業は回復が鈍く、6割減収になる。同事業の営業損益は552億円の赤字(前期は85億円の黒字)の見通しだ。

西武HDは来期以降も需要が完全に回復することはないと想定している。同日の記者会見で高橋薫取締役は「聖域なく、踏み込んだ経営改革に取り組んでいく」と強調した。今期は固定費を当初計画に対して620億円、設備投資を同360億円それぞれ削減する。

賃貸ビルやホテルなどは採算性を見直し、一部は売却を検討する。設備投資は鉄道などの安全設備を優先し、極力抑制する。取締役報酬の減額を継続し、新卒採用計画を見直す。終電時間の繰り上げなどダイヤ改正も視野に入れる。

財務改善のため、株式を希薄化しない資本性資金の調達も検討している。金融機関と交渉して一部借入金の財務制限条項を「純資産2800億円以上」に引き下げたものの、赤字決算によって今期末の純資産は3010億円に減る見通し。資本増強の必要性が増している。

資金繰りをめぐっては、5月に金融機関からのコミットメントライン(融資枠)の総額を600億円から1500億円に拡大したほか、4~6月に日本政策投資銀行やメガバンクから計1310億円を調達した。今月も新たに250億円を借り入れる。「仮に来夏まで需要の激減が続いても耐えられる」(西武HD幹部)という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム