東京ムーブメント

フォローする

「やり遂げられると確信」東京五輪巡りバッハ会長強調

Tokyoオリパラ
2020/9/24 17:43 (2020/9/24 21:00更新)
保存
共有
印刷
その他

2021年夏に延期された東京五輪を巡り、大会準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会の会議が24日、2日間の日程で始まった。IOCのバッハ会長は「やり遂げられると確信している。必ず実現できる」と述べ、開催に前向きな姿勢を改めて示した。

リモート参加であいさつするIOCのバッハ会長(奥)と出席した(左から)東京五輪・パラリンピック組織委の森会長と小池都知事(24日、東京都中央区)

リモート参加であいさつするIOCのバッハ会長(奥)と出席した(左から)東京五輪・パラリンピック組織委の森会長と小池都知事(24日、東京都中央区)

会議はオンライン形式で開催され、組織委は24日、政府と東京都の3者による新型コロナウイルス対策会議で計画する感染防止策の議論の進捗などについて報告した。

バッハ会長は「ポストコロナの世界に合わせた大会にしなければならない」と繰り返し強調。「(組織委などとの)協力関係があれば必ず実現できる。この大会は歴史的なものになるだろう。ともに成功させよう」と呼びかけた。延期で増加が見込まれる開催費用についてはコスト削減の必要性に言及した。

新型コロナ対策会議では来日する選手や観客らの水際対策や競技会場運営、感染者発生時の対応を柱に議論を進めている。新型コロナの陰性証明の取得を条件に選手らの入国を認め、入国後の14日間の待機を免除する方針などが示されている。

今回の調整委員会の会議は2日間にわたり開催され、25日は開催費用を抑えるために大会の簡素化をテーマに議論する。組織委は選手を除く大会関係者の来日人数の削減や、競技会場の関係者向けの座席数の削減など50~60項目をリストアップしており、IOCとの合意を経て計画の大枠を固めたい考えだ。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
ISLはエンターテインメント性が強い、競泳としては画期的な大会だ (C)ISL(C)ISL

 2019年に発足した国際水泳リーグ(ISL)の第2シーズンが16日、ハンガリー・ブダペストで開幕した。今年は北島康介氏がゼネラルマネジャー(GM)を務めるチーム「東京フロッグキングス」が初参戦し、1 …続き (10/23)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は21日、来夏に延期された東京五輪で、各国・地域の新型コロナウイルス感染状況を理由に、それぞれの選手団全体を大会から除外する可能性を否定した。DPA通信が …続き (10/22)

東京五輪の大会関係者の入場検査の実証実験で、顔認証をする関係者役(21日、東京都江東区)

 2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピックを巡り、政府が新型コロナウイルス対策の一環として観客に対する顔認証技術の活用を検討していることが21日、関係者への取材でわかった。
 競技会場への入場時 …続き (10/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]