中台、停戦ラインの台湾海峡「中間線」巡り攻防激しく

米中衝突
中国・台湾
2020/9/24 17:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=中村裕】中国大陸と台湾を隔てる台湾海峡の「中間線」を巡り、中台の攻防が激しさを増している。中国軍機が2月、8月に続き、9月も2日連続で中間線を越えて台湾側に侵入した。今年4度目の異例の多さとなる。1950年代に設定された事実上の停戦ラインだが、機能が揺らぎ始めている。

台湾の国防部(国防省)は18日、少なくとも中国軍の戦闘機「殲16」など8機が台湾海峡の中間線を越え、台湾側に侵入したと発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]