/

九州電玄海原発3号機の敷地で火災、原子炉影響なし

九州電力は24日、玄海原子力発電所3号機(佐賀県玄海町)の敷地内で午後1時40分ごろ火災が発生したと発表した。作業員らが消防に通報の上、消火活動にあたり、午後2時35分には鎮火したという。原子炉施設や隣接する運転中の玄海4号機への影響はなく、原因や現場の詳細な被害状況については調査中だとした。

3号機は定期検査中で、原子炉の運転を止めている。同社によると、屋外に設置した仮設電源盤に接続した仮設ケーブルから火と煙が出ているのを、作業員が確認した。けが人はいなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン