/

京大、ファストリ柳井会長に名誉称号

ファストリの柳井正会長兼社長(左)と京都大の山極寿一学長

京都大学は24日、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に「名誉フェロー」の称号を授与したと発表した。柳井会長は6月、個人として京大に総額100億円の寄付を表明していた。京大は授与理由を「本学の運営及び経営に顕著な貢献があったため」と説明する。

柳井氏は、ノーベル賞受賞者の山中伸弥教授と本庶佑特別教授の活動に各50億円ずつ寄付する。京大はこの寄付金を活用してiPS細胞を活用した新型コロナウイルスの病態解明や、次世代のがん免疫治療法の研究を進める。

京都大の山極寿一学長は「(柳井氏の支援は)世界レベルで克服が困難な課題解決に大きく寄与する」とした。柳井氏も「世の中を良くしたいという思いを共有する2人と共にこれからも一緒に頑張りたい」とコメントした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン