/

沢井製薬、デジタル医療企業と提携 新事業探る

沢井製薬は24日、医療用アプリなどを手掛けるスタートアップ、サスメド(東京・中央)と資本業務提携すると発表した。出資額は非公表。アプリを使った服薬の管理技術の開発や、創薬支援システムによる研究開発費の削減に向けて検討を進める。

サスメドは不眠症の治療アプリや創薬での臨床開発試験の効率化につながるブロックチェーン技術などを開発している。沢井製薬は主力の後発薬以外に新事業を探っており、サスメドとの提携でデジタル技術を使った治療やヘルスケア分野への参入を狙う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン