脱炭素とエネルギー政策(7) エネルギーミックスを考える
京都産業大学教授 藤井秀昭

やさしい経済学
2020/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

温暖化ガスの大半を占めるエネルギー起源の二酸化炭素(CO2)排出を削減するには、社会経済システムや生活様式を変える必要があります。そのためには「エネルギーミックス」を考えることが重要です。

CO2の削減では、石炭火力発電のあり方や排出量ゼロの電源(再生可能エネルギー、原子力)比率をどうするかといった、電源構成に議論が集中します。国が第5次エネルギー基本計画(2018年)の目標値で「30年度の再エ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]