/

古賀稔彦、痛みに耐えて金 1992年バルセロナ五輪

1992年バルセロナ五輪男子柔道71キロ級決勝で判定勝ちし、大声をあげて喜ぶ古賀

あまたある五輪の名シーンの中でも、その不屈の戦いぶりで1992年バルセロナ五輪男子71キロ級の古賀稔彦を上回るものはそうはない。

3回戦敗退したソウル大会の雪辱を期し、現地入りした古賀。だが、78キロ級代表の吉田秀彦との練習中に左膝を痛める。大会前まで火の出るような乱取りを行う慣例が裏目に出て「普通ならできない状態」と振り返る重傷だった。

それでも痛み止めの注射を打ちながら気力を振り絞って勝ち進み、準決勝は背負い投げで一本勝ち。決勝ではハンガリー選手に優勢勝ちし、頂点にたどり着いた。男泣きした古賀の晴れ姿を吉田は前夜に果たした自らの優勝以上に喜び、上村春樹監督(当時)も「こんな選手、見たことない」と感極まった。

同じく足を痛めながら五輪を制した経験を持つ山下泰裕コーチ(同)は「自分とは比べものにならない。奇跡です」。日本柔道のレジェンドたちも思わず目をこすった、劇的な金メダルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン