/

この記事は会員限定です

貴金属、軒並み安 コロナ感染再拡大で「現金化」

金、金利上昇やドル高が重荷に 「本格調整」の声も

[有料会員限定]

金など貴金属の価格が急落した。欧州の新型コロナウイルス感染再拡大や、米国の追加経済対策の成立遅れなどを背景に欧米株価が下落。大幅上昇後の含み益の残る貴金属に換金売りが広がった。金価格と逆相関しやすい米実質金利の上昇やドル高も相場の重荷となっている。銀やプラチナ(白金)など他の貴金属も軒並み安の展開だ。

国際指標のニューヨーク金先物は24日の終値で1トロイオンス1876ドルと前週末比4.3%下落した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン