GO TOKYO

フォローする

競技再開、陸上・競泳の新星が活気づける

Tokyoオリパラ
2020/9/24 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響を受けた五輪競技は、ようやく大会開催の動きが広がってきた。再起の一歩を踏み出したばかりの各界を、新鋭の台頭が活気づけている。五輪の2大花形競技、陸上と競泳では、好記録を連発する2人の俊才が来夏の大舞台へ飛躍の季節を迎えようとしている。

■陸上・田中希実、トラックで日本新連発

中距離から長距離までマルチにこなす新星が陸上界に現れた。田中希実(21、豊田自動織機TC)は今季、2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
日本選手権男子100メートルで優勝した桐生祥秀(中)と2位のケンブリッジ飛鳥(左)。コロナ禍のシーズンをけん引した=共同共同

 五輪競技の中でも再開が早かった陸上は、10月初旬に日本選手権が開催された。東京五輪延期に伴うモチベーション低下や自粛の影響で盛り上がりを欠くシーズンになるかもしれないと心配していたが、杞憂(きゆう) …続き (10/24)

低酸素状態でトレーニングを行う競泳の中村克(9月30日、東京都江東区)

 東京五輪・パラリンピックをめざすアスリートたちが、少しずつ練習や試合といった「日常」を取り戻しつつある。ただ、海外渡航制限や感染リスクはなお立ちはだかり、コロナ前と全く同じとはいかない。そんな中でも …続き (10/8)

男子高飛び込み決勝で1位になった玉井陸斗の6回目の演技=代表撮影代表撮影

 連覇が決まると、玉井は張り詰めていた糸が切れたようにほほ笑んだ。「最高でした」。決勝は自己ベスト、それも2016年リオデジャネイロ五輪銅メダル相当の高得点。国内大会と国際大会の得点を単純比較はできな …続き (9/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]