/

この記事は会員限定です

競技再開、陸上・競泳の新星が活気づける

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響を受けた五輪競技は、ようやく大会開催の動きが広がってきた。再起の一歩を踏み出したばかりの各界を、新鋭の台頭が活気づけている。五輪の2大花形競技、陸上と競泳では、好記録を連発する2人の俊才が来夏の大舞台へ飛躍の季節を迎えようとしている。

陸上・田中希実、トラックで日本新連発

中距離から長距離までマルチにこなす新星が陸上界に現れた。田中希実(21、豊田自動織機TC)は今季、2種目で日本記録を更新。コロナ禍に負けず、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン