/

この記事は会員限定です

強烈な打鍵、あふれるエネルギー I・メジューエワ、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏

[有料会員限定]

今年はベートーヴェンの生誕250年に当たる。日本を拠点に活動してきたイリーナ・メジューエワがピアノ・ソナタ全曲演奏に取り組んでいる。同日2回の公演で7曲を演奏した第5.6回を聴いた。

昼すぎに始まった第5回は第7・8・12・28番の4曲。メジューエワの音は硬質で良く通り、音楽が隅々まで明晰(めいせき)に鳴る。フォルテやアクセントは鋭く、フレージングの引きや弱拍は浅く、クレッシェンドもかなり大きい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン