/

この記事は会員限定です

栃木の半地下式ハウス、酷暑の農作業を快適に

[有料会員限定]

気候変動が年々激しくなるなか、熱利用システム施工のクラフトワーク(宇都宮市)が開発した半地下式の農業ハウスが全国の農業関係者の注目を集めている。地面から掘り下げた空間に冷水を張り巡らせることで、猛暑続きの夏場でも快適に農作業できる。冷暖房費が従来の20分の1で済むとあって、視察希望が殺到している。

9月中旬、宇都宮市の大谷地区に完成した半地下式の農業ハウスを訪れた。外気温は30度を優に超えていたが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン