岸田氏「より努力し変わる」 派閥で総裁選総括

菅内閣発足
2020/9/24 14:21
保存
共有
印刷
その他

自民党の岸田文雄前政調会長は24日、岸田派の会合で2位だった先の党総裁選を巡り「私自身がより努力し、変わっていかねばならない」と語った。これに先立ち、岸田派は総裁選を総括する会合も開き、次の総裁選に向けて早期に同派の戦略と体制を練る方針を確認した。

岸田派会合であいさつする岸田前政調会長(24日、東京・千代田)

総括する会合では地方票の獲得に向けて、岸田氏が優先順位をつけて効率的に地方を回るべきだとの意見が出た。自動音声の電話による支持呼びかけなど他陣営が実施した対策の情報を集めるべきだとの声もあった。

先の総裁選で岸田派は地方票対策や広報など所属議員の担当を決めて臨んだが「体制づくりが遅れた」との反省がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]