無給博士は憲法違反、日本の研究力低迷 野依良治氏
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
編集委員
2020/9/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1995年に科学技術基本法が誕生して25年。政府は5年ごとの科学技術基本計画を作成し予算を投入してきた。しかしこの間に日本の科学技術の研究能力は伸び悩み、「科学技術創造立国」の旗印は色あせた。2001年のノーベル化学賞受賞者であり科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター長を務める野依良治氏は「日本の大学は(勤労の権利や学問の自由を保障した)憲法の精神に沿っていない」とあえて強い表現で改革を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]