/

この記事は会員限定です

無給博士は憲法違反、日本の研究力低迷 野依良治氏

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

1995年に科学技術基本法が誕生して25年。政府は5年ごとの科学技術基本計画を作成し予算を投入してきた。しかしこの間に日本の科学技術の研究能力は伸び悩み、「科学技術創造立国」の旗印は色あせた。2001年のノーベル化学賞受賞者であり科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター長を務める野依良治氏は「日本の大学は(勤労の権利や学問の自由を保障した)憲法の精神に沿っていない」とあえて強い表現で改革を促...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン