/

この記事は会員限定です

コロナ禍、お寺も経営難 法要激減で「廃寺の危機」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で密集などを回避する動きが相次ぐ中、お盆や彼岸の法要が減り、寺院の経営を圧迫している。少子化や過疎化による檀家の減少に、コロナ禍が追い打ちをかけている状況で、専門家は「このままでは廃寺につながりかねない。各宗派が組織的に支援する仕組みを検討すべきだ」と話す。(安田龍也、川野耀佑)

「今年の夏は檀家回りが激減した。新型コロナが長期化すれば、檀家との関係を維持できるか不安だ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン