/

この記事は会員限定です

関西電力、「脱・内向き」1合目 社外の力生かせるか

金品受領 発覚1年(上)

[有料会員限定]

関西電力の金品受領問題は26日で発覚から1年を迎える。原因とされた「内向きの企業体質」からの脱却に向け経営陣を刷新し会社形態も変更したが、改革は始まったばかり。原子力発電所の再稼働など事業の課題も山積する。関電はどう変わり、どこへ向かうのか――。現在地を検証する。

大阪・中之島にある関電本店。社長や会長が執務する役員フロアの1つ下の階に今夏、新たな組織が立ち上がった。「早めに資料をお願いします...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン