/

NEC、マスク着用の顔認証の精度を向上

NECは24日、マスクを着用したままでも高精度に本人確認ができる顔認証技術を開発したと発表した。目の周辺部分の特徴を抽出することで、99.9%以上の精度で認証できるという。様々な形や柄のマスクに対応可能で、10月上旬の提供を予定している。

同社の顔認証技術はこれまでも、マスクを着けたままの本人確認は可能だった。今回、着用時の識別に特化した新技術を開発することで、精度や実用性を高めた。

新技術は検出した顔画像からまずマスク着用の有無を判断する。着用が確認された場合は瞬時に新技術による解析に切り替え、限られた部分から個人の特徴を捉えて本人と照合する。マスクの種類や着用の有無にかかわらず、高精度な認証が可能になる。

9月末から、東京都港区の本社ビルに設置する入退場ゲートに新技術を適用する。体温を測定するサーマルカメラと連携させており、感染症対策としての外部提案につなげる。

新型コロナウイルスの感染拡大で非接触技術への関心やマスク対応への需要が高まっていることに対応する。NECの顔認証技術は国内外の空港や大型施設などで活用されており、ニューノーマル(新常態)に向けた追加施策で活用シーンの拡大を図る。(水口二季)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン