ヤフー、不適切コメント対策のAI技術を無償提供

AI
2020/9/24 11:02
保存
共有
印刷
その他

ヤフーは不適切なネット上のコメントの対策として自社で採用している技術の無償提供をこのほど始めた。コメントを人工知能(AI)の深層学習を活用して評価し、質が高いコメントが読まれやすいよう表示順を並べ替える。SNS(交流サイト)などでネットでの誹謗(ひぼう)中傷が問題となるなか、運営企業の自主的な取り組みを促していく狙い。

ニュース配信サービス「ヤフーニュース」でコメントの健全化を目的に導入しているAI技術「建設的コメント順位付けモデル」を他社に提供する。国内でネット投稿サービスを運営する企業を対象とする。

自分の意見を基に議論を喚起したり、客観的な論拠を提示したりしている発言の表示順位を高める。質の低いコメントの表示順位が下がるという。導入企業は深層学習の開発に必要となる大量の学習データ収集などの初期投資をかけずにネット上のコメントを健全化できる。ヤフーは同技術で複数の特許を出願中だ。

ヤフーはヤフーニュースの配信記事に意見や感想を投稿できる機能を2007年に導入した。現在は1日平均で33万件以上の投稿のうち、中傷などを目的とした不適切な投稿を約2万件削除するなどして対応している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]