復興五輪に関心を、岩手 聖火のトーチ巡回展示

東日本大震災10年へ
2020/9/24 10:49
保存
共有
印刷
その他

「復興五輪」を理念に掲げる東京五輪への関心を再び高めてもらおうと、聖火リレーの岩手県実行委員会は24日、県内全33市町村で行うトーチの巡回展示を雫石町で始めた。トーチは東日本大震災10年となる来年3月11日を陸前高田市で迎え、4月下旬に盛岡市に着く予定だ。

 岩手県内全33市町村で巡回展示が始まった東京五輪の聖火リレー用のトーチ(24日午前、岩手県雫石町)=共同

雫石町は県内の聖火リレーで出発地となる予定だった。

桜の花をモチーフとしたトーチは震災被災地の仮設住宅で使われたアルミ廃材が再利用されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]