/

「菅内閣でも日米同盟強化」 北村安保局長、米国防長官と会談

訪米中の北村滋国家安全保障局長は23日、米国のエスパー国防長官と会談した。北村氏は「菅内閣でも日米同盟を強化していくとの方針に変わりはない」と伝えた。地上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策やミサイル阻止の新しい方針の検討状況も説明した。

宇宙や経済安全保障分野などでの連携も確かめた。

北村氏は23日(日本時間24日)にビーガン国務副長官とも協議した。「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進すると申し合わせた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン