米最高裁判事ギンズバーグ氏追悼式 「RBG」にお別れ

2020/9/24 2:53
保存
共有
印刷
その他

最高裁の入り口に安置されたギンズバーグ氏のひつぎに、多くの市民が追悼に訪れた=AP

最高裁の入り口に安置されたギンズバーグ氏のひつぎに、多くの市民が追悼に訪れた=AP

【ワシントン=芦塚智子】18日に87歳で死去したルース・ギンズバーグ米連邦最高裁判事の追悼式が23日、最高裁であった。リベラル派を中心に国民の尊敬を集め、名前の頭文字を取って「RBG」の愛称で親しまれた判事とのお別れに、多くの市民が集まった。

最高裁内での葬儀の後、星条旗に包まれたひつぎは市民による追悼のため正面入り口に安置された。25日には、公職に就いた女性として初めて連邦議会議事堂内にひつぎを安置する。来週、ワシントン近郊のアーリントン国立墓地で夫の隣に埋葬される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]