サッカー

カズ先発、横浜FC惜敗も ベテランが熟練の技披露

2020/9/23 23:30
保存
共有
印刷
その他

横浜FCは42歳の中村俊、39歳の松井、そして53歳のカズこと三浦を先発させた。対する首位川崎の先発にも39歳の中村憲の名が。いずれ殿堂入りが見込まれる面々による「大人たちのパーティー」が優雅に催された。

川崎戦に先発出場し、競り合う横浜FCの三浦知良(右)。サッカーJ1最年長出場記録を大幅に更新した=共同

川崎戦に先発出場し、競り合う横浜FCの三浦知良(右)。サッカーJ1最年長出場記録を大幅に更新した=共同

前半の主役は中村憲。川崎の決定機をパスで演出したが、これは攻める川崎、守る横浜FCという構図ができあがったから。中村俊と松井も、ボールを握ればさすがにうまい。川崎の追っ手にしっぽをつかませない。中村俊は後半、プレースキックの至芸も見せた。2-0とされた直後のCK。野球のフォークボールのようにどろんと落ちる球筋が味方に当たってゴールに吸い込まれた。

「大人たち」は60分までに全員退出し、パーティーはお開きに。「もうちょっと攻撃で押し込めれば」と松井は言う。だが、横浜FCにとっての前半の我慢は終盤の反撃に欠かせない前触れだったといえる。

半ば過密日程に迫られたターンオーバーだった。下平監督自身「サンドバック状態になる可能性も……」と危惧した大ばくちは、チームの戦い方を大きく広げたようだ。

J1最年長出場記録を更新したカズはチャンスに絡めず「ペナルティーエリア付近の仕事を多くしたかった」と無念を語った。出場は過去の栄光ではなく、いまの力で勝ちとったもの。次は「壁の花」で終わるつもりはない。

(阿刀田寛)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

【横浜M2―1名古屋】横浜Mが競り勝った。1―1の後半35分、渡辺が左折り返しを押し込んで勝ち越した。前半から押し込み、41分にエジガルジュニオが先制。後半24分に追いつかれた後も攻め続けた。名古屋は …続き (22:33)

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現して …続き (19:59)

 J1柏のネルシーニョ監督は21日、オンラインで取材に応じ、FWオルンガがケニア代表の活動のため欠場の可能性があった来月7日のYBCルヴァン・カップ決勝に出場できることを明らかにした。「(代表に)招集 …続き (16:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]