/

この記事は会員限定です

9月短観、景況感悪化に歯止め 民間予測

[有料会員限定]

日銀が10月1日に発表する全国企業短期経済観測調査(短観)の民間エコノミストによる予測がほぼ出そろった。大企業製造業の業況判断指数(DI)は予測中心値でマイナス24と、前回の6月時点から10ポイント改善する見込み。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた景況感の悪化に歯止めがかかるが、水準はなお低い。

QUICKが民間19社の予測を集計した。今回の短観は8月下旬から9月末にかけて調査している。政府が5月下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン