コロナ対策、首相直轄の作業部会 インフル同時流行に備え

菅内閣発足
2020/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅義偉内閣は新型コロナウイルス対策を官邸主導で取り組む。首相直轄で置く省庁横断の作業部会が検査や医療体制の拡充、経済活動との両立などの司令塔を担う。省庁縦割りで対策の目詰まりが鮮明になったのを踏まえた。インフルエンザとの同時流行が懸念される秋冬に備える。

作業部会のトップは杉田和博官房副長官が務める。内閣官房のコロナ対策推進室や厚生労働省、経済産業省、国土交通省などで実務を仕切る局長や課長級が参…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]