/

関電、21年3月期39%経常減益 コロナで430億円下押し

関西電力は23日、2021年3月期の連結経常利益が前期比39%減の1300億円になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が響き、電力販売など総合エネルギー・送配電事業で390億円、ホテルなど生活・ビジネスソリューション事業で40億円の利益を押し下げる。電力販売の契約数減少や原子力発電所の稼働減も重荷となる。

純利益は31%減の900億円、年間配当は前期と同じ50円を見込む。これまではコロナ禍の影響を見通せないとして、21年3月期の業績や配当の予想を「未定」としていた。

売上高見通しは6%減の2兆9800億円。松田善和経理室長は同日の記者会見でコロナの影響について「宿泊施設など業務用では21年3月期いっぱい、工場など産業用では22年3月期末まで需要低減の要因となりそうだ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン