/

この記事は会員限定です

「空飛ぶランタン」の光と影 タイ、大規模化の弊害も

[有料会員限定]

タイでもっとも美しい祭りといわれる「ロイクラトン」。タイ北部では「イーペン」と呼ばれ、ランタンを飛ばす風習が根付く。ランタンが夜空に舞い上がる幻想的な光景は米ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」やSNS(交流サイト)で世界的に有名になり、多くの観光客を呼ぶ。今年も複数会場で開催予定だが、経済効果と安全性との両立が難しくなっている。

オレンジ色の光が一斉に夜空に浮かび上がる――。ロイクラトンは毎年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン