マイナンバー、21年に口座と連動 政府がデジタル化推進

菅内閣発足
2020/9/24 1:00 (2020/9/24 5:32更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1人当たり10万円の現金給付に時間がかかった反省を踏まえ、マイナンバーと預貯金口座番号を連動させる法整備を急ぐことにした

1人当たり10万円の現金給付に時間がかかった反省を踏まえ、マイナンバーと預貯金口座番号を連動させる法整備を急ぐことにした

政府は来年にも個人のマイナンバーと預貯金口座を連動させる。個人向けの給付の手続きなどをマイナンバーカードだけでできるようにする。義務付けはせず選択制にする見通し。菅義偉首相が掲げる行政デジタル化の切り札と位置づけ、来年1月召集の通常国会で法整備をめざす。

新型コロナウイルス禍では政府が国民の生活を支援するため、1人当たり10万円の現金給付を決めた。地方自治体が振込先となる金融機関の口座番号の確認に追われ、給付に時間がかかった。

このときの反省を踏まえ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]