/

この記事は会員限定です

議決権集計、不透明な慣行20年 企業・投資家把握できず

[有料会員限定]

株主総会の議決権行使の集計で、不透明な慣習が長期に続いていたことが明らかになった。三井住友信託銀行は、期限までに受け取った一部の行使書を集計対象から外していた。実務上の利便性を優先した措置だが、周知されず、企業や投資家など大半が実態を把握していない。電子化が遅れ、業務負担が重いために問題が生じた側面もある。

東芝が7月31日に開いた株主総会での集計について大株主の海外ファンドから指摘があり、三井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません