/

この記事は会員限定です

女川みらい創造社長「コロナも災害、復興に再び10年」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の影響は東日本大震災の被災地にも深刻な影響を及ぼしている。人口減少など震災の影響が戻っていない中で、来年に震災10年を迎え復興助成の姿も大きく変わる。宮城県女川町の震災復興商業施設「シーパルピア女川」を運営する女川みらい創造の社長に今夏就任した阿部喜英氏(52)にポスト復興とコロナ対策について聞いた。

――女川町観光協会会長から運営会社の社長になりました。

「ポスト復興に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン