/

8月のコンビニ売上高、6%減収 客単価は上昇

日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が23日発表した2020年8月のコンビニエンスストア大手7社の既存店売上高は、前年同月比6%減の9059億円と6カ月連続で減少した。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が響いた。

既存店の来店客数は9%減と6カ月連続で減少した。一方、平均の客単価は4%増と11カ月連続で増えた。好天が続き、冷やし麺やアイスクリームなど夏物の商品の販売が好調だった。オフィス街の店舗の客足が戻るなど一部で回復傾向もうかがえる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン