/

この記事は会員限定です

中国企業の上場増、米投資銀に恩恵 手数料収入8割増

(更新) [有料会員限定]

米金融機関と中国企業の「蜜月」が鮮明だ。今年1~8月に株式による資金調達を通じて中国企業が米投資銀行に支払った手数料は前年同期比で8割増え、過去最高となった。米株式相場の活況を背景に、中国企業や出資元の投資家が上場を急いでいるためだ。一方で、米中対立の激化で米国は規制強化に動いている。「うたげ」の持続力には懐疑的な見方もある。

世界の投資銀行業界で8月、中国のオンライン不動産売買プラットフォーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン