箱根駅伝で制すシューズ市場 インパクトは五輪以上
厚底革命 シューズにかける(2)

Tokyoオリパラ
厚底革命 シューズにかける
2020/9/27 2:01 (2020/9/29 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ちょうど100年前に始まり、いまや正月の風物詩になっている東京箱根間往復大学駅伝。2020年は青山学院大が大会記録を6分46秒も更新して2年ぶり5度目の総合優勝を飾った。選手の努力が実り、強豪校の実力を示す戴冠だったが、ある変化に関係者は注目していた。

王者・青学大の大胆な変化

青学大は12年からアディダスとパートナーシップを結んでおり、以前は同社のシューズを履く選手が多かった。だが今年は10区…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]