/

この記事は会員限定です

中国、気候変動で主導権狙う 60年にCO2排出実質ゼロ

[有料会員限定]

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は22日、2060年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする目標を国連総会一般討論のビデオ演説で明らかにした。具体策には触れなかったが、「パリ協定」からの離脱を表明した米国に代わり、気候変動問題で世界の主導権を握る狙いがあるとみられる。

習氏は「CO2の排出量が30年までにピークを迎え、60年より前に実質ゼロを実現するよう努力する」と主張。「中国の貢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン