/

「多くの経験できた」 将棋、藤井棋聖の就位式

将棋界史上最年少の17歳11カ月でタイトルを奪取した藤井聡太棋聖(18)=王位との二冠=の第91期棋聖就位式が23日、東京都内のホテルで開かれた。謝辞で藤井棋聖は「5番勝負で多くの経験ができた。これを生かし成長できればと思う」と神妙な面持ちで語った。

第91期棋聖就位式で賞杯を手にする藤井聡太棋聖(23日午後、東京都内のホテル)=代表撮影

主催者から藤井二冠に就位状、賞杯、賞金目録などが贈られた。花束を手渡した師匠の杉本昌隆八段(51)は「これからも、記録をどんどん塗り替えていくと思う」と弟子の成長を喜んだ。

黒紋付き羽織はかま姿で式に臨んだ藤井棋聖。その後の記者会見で、高校生プロは「強くなるためには努力していくことが大事。将棋は指すたびに発見がある。成長して強くなって、さらにいい将棋を指したい」と今後の抱負を述べた。

藤井棋聖は7月16日の第91期棋聖戦5番勝負第4局で、渡辺明三冠(36)を破り、対戦成績3勝1敗でタイトルを奪取。ダブルタイトル戦となった第61期王位戦7番勝負では、8月20日に木村一基九段(47)を4連勝で破り、最年少の18歳1カ月で二冠となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン